美容室

「なりたい髪型」にしてもらうための必須アイテム

 

「あのモデルさんみたいな髪型にしてほしかったのに…」
美容院から帰ってきた後に、そんな後悔をしたことある方、多いのでは?
美容師の腕のせいにしたいところですが、それはあなたの「注文の仕方がわかりにくかったから」かも。
なりたい髪型にしてもらうためのポイントを押さえておきましょう。

 

写真持参が常識

ああしてほしい、こうしてほしい、とイメージを伝えるよりも、百聞は一見にしかず。
「この髪型にしてください」と写真を見せてしまいましょう。
でも、「可愛くないのに、モデルさんと同じ髪型が似合うとか思っているのかしら…なんて思われていたりしたら!」とか、考えちゃいますよね。
その心配は一切無用です。
それは「美容師もあなたのなりたい髪型にできないことがこわい」から。
高いお金と時間がかかっているわけですから、美容師としては満足のいく出来をしなければ「次がない」わけです。
どんなに雰囲気が良くても、会話が上手でも、腕が良くても、お客のニーズに応えられなければ次回来店はありえませんよね。
だから、美容師は知りたいのです。
「あなたがどんな髪型になりたいのか」。
その手段として最適なのが、雑誌の切り抜きや写真です。
「可愛くしてください」なんて曖昧なイメージは一番困ります。
また、前髪はこれくらい切って、後ろ髪は整える程度で、少しだけいい感じにパーマをあててもらって…などの細かい指示も実はNG。
数か所の指示なら全く問題はありませんが、それなら全体像を見せてしまった方が早いですよね。
しかも、写真なら髪色の指示もできるので一石二鳥です。
お金が発生する以上、臆することなく、美容師のためにも、具体的な自分の要望を伝えてあげましょう。